FC2ブログ

静岡県総合防災訓練

訓練
09 /01 2019
DMAT支援機構Iです。

本日は、静岡県総合防災訓練に参加しました。

県と現場での情報共有が、うまくいかず急遽、現場で訓練を組み込んで頂きありがとうございました。
当法人は、三島総合病院へ向かいDMAT搬送訓練とプライバシー保護訓練を実施しました。

DMAT搬送部隊は、三島総合病院から愛鷹SCUへの搬送を待機部隊は、病院へ運ばれてきた患者様のプライバシーを保護するため当法人オリジナルのプライバシーシートを活用し患者様のプライバシーを保護する訓練を実施しました。

今回は、2名の参加でしたので当法人の活動写真がありません…・。
三島総合病院でのトリアージ訓練等の写真のみ掲載させていただきます。

CIMG0294.jpg
CIMG0298.jpg
CIMG0297.jpg
CIMG0292.jpg
CIMG0293.jpg
CIMG0300.jpg
CIMG0296.jpg
CIMG0301.jpg
スポンサーサイト



静岡県総合防災訓練

訓練
08 /31 2019
DMAT支援隊Iです。

明日、静岡県総合防災訓練が、三島・函南町で実施されます
当法人も三島総合病院・NTT東日本伊豆病院付近にて訓練を実施します。

訓練中、車両には、DMAT支援隊の識別表示を掲示して走行しています。
付近の皆様には、ご迷惑をおかけするかと思いますが、我々にとって大変重要な訓練となりますのでご理解ご協力をお願いします。

また、皆様も訓練に参加して災害に備えましょう。

NPO法人になりました

お知らせ
03 /03 2019
DMAT支援隊Iです。

本日は、当法人の名称変更についてお知らせいたします。

当法人は、昨年よりNPO法人化に向けて準備を行ってきました。

先月、静岡県よりNPO法人の認可を受け法務局への手続きを完了いたしましたので公表させていただきます。

現、DMAT支援隊は、3月1日より「特定非営利活動法人NPO日本DMAT支援機構」となり略式名称を「DMAT支援隊」とすることになりました。

突然の発表で、皆様を困らせてしまう部分も多々あるかと思いますが、今後の行政機関や医療機関との連携を強化するためNPO法人の立ち上げを決断いたしました。皆様のご協力をお願いします。

今後もDMAT支援隊と呼んでいただいて構いません!!
たぶん僕らもDMAT支援隊のだれだれですとか言っていると思います (笑)

また、法人化に伴い、各事業も今までとは大きく変わってきております。
平成31年現在は8の事業を行う予定です。
①DMATの支援に関する事業
②災害時復旧・復興の支援に関する事業
③DMAT支援隊の広報・啓蒙・普及に関する事業
④DMATの活動及び災害復興の募金活動事業
⑤防災用品の普及及び防災指導に関する事業
⑥市民に応急救護を指導する事業
⑦ドクターヘリの支援に関する事業
⑧その他この法人の目的に達するために必要な事業

以上となっております
特に③・④・⑤・⑥・⑦は今までになかった事業です。
各関係機関と今後連携を深め事業を達成していきたいと思います。

特定非営利活動法人NPO日本DMAT支援機構では、引き続きDMAT支援隊活動募金や、寄付のお願いを行っております。
皆様のご協力をお願い申し上げます。

講演

富士宮
02 /13 2019
こんばんは!
日本DMAT支援機構のIです。

今日は、順天堂大学医学部付属静岡病院で開催されました「ドクターヘリを活かす救急医療システムここだけのお話し」の講演会に参加させていただきました。

公立豊岡病院但馬救命救急センタードクターヘリ運用システムやドクターカー運用のシステムをお聞きすることが出来、
消防機関との連携方法が非常に特徴的でよいなと感じました。

今回の講演で学べたことが今後の消防機関や医療機関との連携に役立てると思いました。
また、今回の講演の要点を当法人内でも共有し今後の活動に役立てたいと思います。

支援活動

富士宮
01 /06 2019
DMAT支援隊では、年末年始は毎日ばたばたの日々でした。

昨日は、富士宮と富士市のドクターヘリ事案を支援しました。

富士市の事案では、富士市消防本部様と協力し、ヘリ着陸場所の一般の方々への退避の呼びかけや患者さんのプライバシーを保護する活動、離陸時の安全管理などをさせていただきました。

ドクターヘリが皆さんの近所の小中学校に着陸するかもしれません。
その際、見に行って風圧によって飛来した砂や石が目に入ったり体にあたったりと非常に危険です。
実際にそのような事故が発生しています。

珍しい光景ではありますが、二次災害を防ぐため皆様のご協力をお願いします。
また、珍しく写真を撮る方がいらっしゃいますが、救急車やヘリには、患者さんが乗っています。
患者さんのプライバシーを守るためにも写真や動画の撮影はご遠慮して頂ければと存じます。


一人でも多くの命を救うため皆様のご協力をお願い申し上げます。

supportdmat

DMAT支援隊のブログへようこそ!

DMAT支援隊の活動状況について報告します。