fc2ブログ

あれから11年

未分類
03 /11 2022
平成23年3月11日14時46分18秒に発生した東北地方太平洋沖地震。
あれから11年が経ちました。

11年前の私は、まだ学生でした。
あの日、静岡県内の自宅でアマチュア無線で交信中に長い横揺れがきて揺れがおさまった数分後、停電した記憶が今でも鮮明に覚えています。
当時から通信設備には、バックアップ電源を備えていたためすぐに無線設備の電源は、復旧し情報収集を行いました。
無線機からは、非常非常非常と連呼する声が聞こえただ事ではないと思いました。
携帯電話は、通信規制がかけられ電話がつながらずメールのやり取りがやっとできる状況でした。
私は、東日本大震災から防災を学び「一人でも多くの命を救いたい」と思い防災の世界に飛び込みました。

地震を止めることは、できませんが、自分たちで命を守ることは、できます。
自宅等の耐震補強をすること。家具を固定すること。 食料を備蓄すること。やれることは、たくさんあります。
近年、コロナウイルスにより地域での防災訓練が実施できていないとの情報がありますが、ご家庭内でできる防災訓練があります。非常食の体験や被災した場合の避難先を決めておくことや災害伝言ダイヤル171の使い方など家族で相談してやってみると非常に良いとおもいます。

また、東日本大震災は、改めて私たちの団体が必要不可欠だと認識させられました。
全国各地から緊急消防援助隊・災害医療派遣チームDMATが東北地方へ駆けつけました。
しかしながら東北地方の沿岸は、大津波により町が壊滅状態となりどこに何があったのか分からなくなりました。
多くの医療チーム等は、カーナビなどを使用して現地に向け出動しましたが、地形が変わってしまいなかなか現地にたどり着かいないなどといった事例もありました。
DMAT支援隊は、地元地域をよく知る隊員が、オフロードバイク等を使用して地方から進出してきた医療班と合流し救護所や避難所等へ先導していくなどといった活動を行うので、被災地の道路状況に合わせた道選定ができるため医療班を現場に投入する時間が、短縮できると考えています。
いち早く医療班を現場に届けることで一人でも多くの命を救うことができることを願っています。

災害は、いつどこで起きるかわかりません。私たちDMAT支援隊は、全国組織への拡充を目標として日々努力しています。
最終目標としては、全都道府県・全市町村に最低でも1隊以上の支援隊を配置することです。
また、一人でも多くの命を救うため市民の皆さんを対象とした防災講演や応急救護方法の指導などにも力を注いでいます
一人でも多くの命を救いたいと思う同志の方、是非一緒に活動しましょう。お問い合わせください。

特定非営利活動法人NPO日本DMAT支援機構は、皆様からのご寄付で運営・活動しております。
引き続き当法人への温かいご支援をよろしくお願いいたします。

当法人に関するお問い合わせ等がございましたら、お気軽にお問い合わせフォームよりご連絡ください。

これからも国民の皆様の為に活動していきます


スポンサーサイト



昨年の振り返り

全体
01 /01 2022
明けましておめでとうございます!

DMAT支援隊 Iです。
昨年は、当法人への多大なるご寄付誠にありがとうございました。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

今日は、昨年の活動について振り返りたいと思います。
昨年は、コロナの影響もあり大きな講演会や訓練等は、できませんでしたが、6月25日に富士宮市で聖火リレーがあり当法人副理事の清水やすこ(本名:三橋康子) が富士宮市第1走者となり聖火リレーに参加しました。 副理事の三橋は、平常時、地元のFMラジオ局にてラジオパーソナリティーを務めております。
D71C4FCD-67C2-4F04-A64F-C02580199BE1.jpg
BD0A6538-508B-4652-A820-4221AED54FB1.jpg
オリンピック公式HPにリレーの様子が掲載されていますのでご覧ください
動画はこちら
2022年1月12日(水)まで公開されている模様です。

7月には、熱海市で発生した土砂災害に出動しました。
当法人は、発災後、15分で情報収集室を立ち上げ 30分後には、統制本部を立ち上げました。
発災から2時間後には、情報収集班1隊を現地へ派遣いたしました。
翌朝には、活動班を派遣し、緊急消防援助隊と共に救助、救急活動を実施いたしました

DSC_1987.jpg

DSC_2007.jpg
活動調整中

DSC_1985.jpg

DSC_1981.jpg
相模原消防さまの車両にて移動中

12月31日現在 延べ25隊 98名が活動を行っております。
現在の活動状況としては、現地活動を終了し災害復興に向けた後方支援活動を実施しております。

10月には、Yahoo!JAPAN様のご協力によりヤフーネット募金を開設いたしました。
1月1日現在556名の方々にご支援をいただいております。
Yahoo!ネット募金は、こちらからアクセスできます。

皆様からの温かいご支援をお待ちしております。


昨年の大きな活動は、熱海土砂災害出動となり、定例会、役員会は、オンライン開催となりました

2022年は、救命活動の向上を目的としたセミナー等が開催できるように準備していきたいと思います。

2022年も特定非営利活動法人NPO日本DMAT支援機構へご支援をよろしくお願い申し上げます。



新年のご挨拶

全体
01 /01 2022
新年明けましておめでとうございます。

皆様には、健やかに新春を迎えられたことと、お慶び申し上げます。
また、日頃から温かいご支援ご協力を賜り、心からお礼申し上げます。
本年は救急救命の普及活動など、スタッフ一同一丸となりサービス向上に尽力して参ります。

2022年も宜しくお願い申し上げます。

2022年 元旦
特定非営利活動法人NPO日本DMAT支援機構 スタッフ一同

Yahoo!ネット募金を開設いたしました

募金・寄付
10 /10 2021
特定非営利活動法人NPO日本DMAT支援機構は、Yahoo!JAPANの協力を得てYahoo!ネット募金を開設いたしました。

現在は、熱海伊豆山地区の出動に伴う支援を募集しております。
Yahoo!ネット募金プロジェクトページには、こちらからアクセスできます。

当法人の活動状況↓
●2021年7月3日PM~8月3日まで
消防・警察とともに捜索活動・救助活動を実施
生存者の救出に貢献

●2021年8月4日~現在まで
捜索活動 復興支援(行政などへ助言・被災者への周知など)
被災者のケア活動実施中

令和3年10月10日現在 延べ23隊 92名が活動中です。

皆様のご理解ご協力をお願い致します。

熱海市で発生した土砂災害に災害派遣中

災害出動
07 /08 2021
特定非営利活動法人NPO日本DMAT支援機構は、7月3日に静岡県熱海市で発生した土砂災害に対し災害対策本部より出動要請がありましたので出動いたしました。
今回の災害派遣には、当法人のほかに静岡県災害救援ネットワーク・NPO日本救難バイク協会静岡県支部の応援を得て合同チームにて出動しております。

7月9日現在、延べ6隊 24名が現地活動中です
現地活動内容は、被災状況調査・人命検索救助活動・救急支援活動等を行っております。

DMAT支援隊及び静岡県災害救援ネットワーク・NPO日本救難バイク協会静岡県支部はボランティア活動として現地に出動しております。人命救助等現地での活動を最優先とし活動しております

また、特定非営利活動NPO日本DMAT支援機構では、現地活動中の隊員の活動費また、被災地への義援金を目的としたクラウドファンディング等の立ち上げを準備しております。
準備が整いましたら改めてご報告をさせていただきます
皆様のご支援をお願い致します。
現地活動写真
DSC_1976.jpg
現地指揮所調整中
DSC_1981.jpg
相模原消防救急車にて移動中

DSC_1984.jpg
現場指揮所にて活動調整中

DSC_1985.jpg
DSC_1987.jpg

DSC_2007.jpg
東京消防庁・静岡県警と活動調整中

DSC_2009.jpg
逢初橋付近にて活動中





supportdmat

DMAT支援隊のブログへようこそ!

DMAT支援隊の活動状況について報告します。